>  > DAYTONA 【デイトナ】 GIVI SR-KLX150L SPキャリア 【94322】

 >  > DAYTONA 【デイトナ】 GIVI SR-KLX150L SPキャリア 【94322】
Dr.関塾 新川1丁目校 【関塾 東京都】 学習塾 塾 Dr.関塾|関塾
16インチ サマータイヤ セット【適応車種:ティアナ(J31系)】WEDS ウェッズスポーツ SA-77R フォースブラッククリア 7.0Jx16Bluearth AE01F 205/65R16

DAYTONA 【デイトナ】 GIVI SR-KLX150L SPキャリア 【94322】

DAYTONA SRS(電気式) 【デイトナ】 GIVI SR-KLX150L HD SPキャリア 【94322】

文字列行事月 発信元 全件
検索結果 102件中 41 - 60
-1-2-3-4-5-6-
  • 新学年がスタートして約1ヵ月、学校生活にも慣れてきた頃かと思います。
    新しい環境の中で慌ただしく過ぎた1ヵ月の疲れも、
    ゴールデンウィークでリフレッシュ出来たことでしょう。

    一方で、休みの間に生活のリズムを崩してしまった…
    勉強しようと思ってはいたけど、なかなか一歩が踏み出せない…
    こういったお子さんも少なからずいると思います。

    5月は学校行事や定期テストが実施される学校も多くあります。
    特に定期テストは、内申点や志望校の選択にも関わることに加え、
    今後の勉強方法を確立させる意味でも大変重要なものです。
    しかしその対策を1人で立てて実行することは、

    、なかなか難しいのが現実です。

    そんな時は、完全個別指導のDr.関塾新川1丁目校にぜひご相談ください!
    個々の課題や悩みを一緒に考え、一緒に解決していきます。

    まずは関塾がどんなところか知って頂くために、
    無料で新緑講習会 ~限定20名~ を実施致します。
    志望校合格や定期テストへ向けて 【SSR】 EXECUTOR EX04 (エグゼキューター EX04) 19インチ 9.0J PCD:120 穴数:5 inset:23 フラットブラック [ホイール1本単位] [H]、関塾でまず一歩、踏み出しましょう!

    ★な、な、なんと無料で新緑講習会 実施要項★
    ~生徒2名対講師1名の授業を90分×全2回~

    ◆科  目◆ 数学(算数)英語 国語 理科 社会 から1科目を選択
    ◆対  象◆ 小学生 中学生 高校生 ※初めての方に限ります
    ◆期  間◆ お申込日より2週間以内に90分×2回を実施
    ◆学  費◆ 無料 ※教材費として1,000円をいただきます
    ◆時 間 割◆ 月曜日~土曜日
    ①15:20~16:50 ②17:00~18:30
    ③18:40~20:10 ④20:20~21:50
    ◆コ ― ス◆ 生徒2名 対 講師1名の体験コース
    ◆内  容◆ 事前に科目・単元をご相談させて頂いたうえで授業を行ないます

    ★関塾に通っているお友達や兄弟姉妹、卒塾生からの紹介は、
    入塾後お二人にクオカード3,000円分プレゼント!!
  • 『教養としての言語学』 鈴木孝夫 岩波新書

    動物の伝達行動から分かる人間の言語の特質、体調が悪くても How are you?に Fine,thank you と答えるわけ、ひとりごとの時なぜ英語は自分のことを you と言うのか、など、ことばをめぐる意外な事実や見逃されてきた問題を、言語学の基本をていねいに解説しながら解き明かす。深く言語のしくみを知りたいと願う読者のための待望の1冊。



    『「蒙求和歌」校注』 章剣 渓水社

    平安朝以来の幼学書である唐の李瀚(りかん)の《蒙求》から250条の故事を抜き出して和訳し,各々にその内容を題材として詠んだ和歌1首を添えたもの。14巻。源光行作。1204年成立。一説に将軍源実朝に献上されたものかといい,《百詠和歌》《楽府和歌》とともに三部作を成す。中国の説話を翻訳したものとして後代の説話集に影響を与えた。



    『小説すばる 2017年8月号』 より 「左手のルロイ」 香月夕花 集英社
    〈著者プロフィール〉
    香月夕花(かつき・ゆか)
    1973年生まれ。大阪府出身。京都大学工学部卒。2013年短編「水に立つ人」で文藝春秋が主催する第93回オール讀物新人賞を受賞。
    *オール讀物…株式会社文藝春秋が発行する月間娯楽小説誌
     
  • 『何のために「学ぶ」のか』より「「賢くある」ということ」 鷲田清一 ちくまプリマ―新書

    大事なのは知識じゃない。正解のない問いに直面したときに、考え続けるための知恵である。変化の激しい時代を生きる若い人たちへ、学びの達人たちが語る、心に響くメッセージ。



    『リーチ先生』 原田マハ 集英社

    日本の美を愛し続けた英国人陶芸家、バーナード・リーチ。明治42年、22歳で芸術の道を志して来日。柳宗悦、濱田庄司ら若き日本人芸術家との邂逅と友情が彼の人生を大きく突き動かしていく。明治、大正、昭和にわたり東洋と西洋の架け橋となった生涯を描く感動の“アートフィクション”



    『花月草紙』 松平定信 岩波文庫

    8代将軍吉宗の孫として生まれた。白河の松平家を継いで天明の凶作に自藩の難局を克服したのち、田沼意次失脚後の老中首座として寛政の改革に大いに腕をふるった楽翁松平定信の随筆集である。政界隠退後、自適の生活であって、その60年にわたる体験と信念を、あるいは花によそえ、あるいは月になぞらえて、心をこめ1句1句ものにした述作。
     
  • 『うひ山ぶみ』 本居宣長 講談社学術文庫

    国学の大偉人が弟子に教えた学問の要諦とは 「からごころ」を排して「やまとたましい」を堅持することで、真実の「いにしえの道」へと至ることが学問の道である。契沖に始まる国学の目的と方法を説く入門書。



    『ナイスキャッチ!』 横沢彰 新日本出版社

    美術部の部員は二人。放課後の静かな美術室が安らぎだった―はずなのに…!?こころは中学一年生。スケッチしていたところへ飛んできた野球のボールを、思わず両手でキャッチ!木下こころ、野球部、入りますっ!新しい野球ストーリーが始まる!



    『情動の哲学入門』 信原幸弘 勁草書房

    情動はときに誤り、害をもたらす。やはり理性に従って行動すべきなのか。理性的に生きることが幸福な生につながるのか。実はそうではない。情動こそが状況に相応しい行動を生み出すのであり、理性は情動の働きを調整しているというのが本当のところである。情動に着目することで新たな展開を見せる心の哲学の最前線。
     
  • 『歴史とはなにか』 岡田英弘 文春新書

    世界には「歴史のある文明」と「歴史のない文明」がある。日本文明は「反中国」をアイデンティティとして生まれた。世界は一定の方向に発展しているのではない。筋道のない世界に筋道のある物語を与えるのが歴史だ。「国家」「国民」「国語」といった概念は、わずかこの一、二世紀の間に生まれたものにすぎない…などなど、一見突飛なようでいて、実は本質を鋭くついた歴史の見方・捉え方。目からウロコの落ちるような、雄大かつ刺激的な論考である。



    『窓の向こうのガーシュウィン』 宮下奈都 集英社文庫

    周囲にうまく馴染めず、欠落感を抱えたまま十九年間を過ごしてきた私は、ヘルパーとして訪れた横江先生の家で、思い出の品に額をつける“額装家”の男性と出会う。他人と交わらずひっそりと生きてきた私だったが、「しあわせな景色を切り取る」という彼の言葉に惹かれて、額装の仕事を手伝うようになり―。不器用で素直な女の子が人の温かさに触れ、心を溶かされてゆく成長ものがたり。
     
  • 『サルの子育て ヒトの子育て』 中道正之 角川新書

    赤ん坊が母にしがみつく行動は霊長類が生き残るためにとても大事な行動であり、能力である。進化の隣人を通して、いま、私たちの親子関係を考えよう。サル研究40年、日本霊長類学会会長による子育て、抱っこ論。



    『つぼみ』 宮下奈都 光文社

    話題作『スコーレ№4』の主人公麻子の妹・紗英、叔母・和歌子、父の元恋人・美奈子。それぞれがひたむきに花と向き合い葛藤するスピンオフ三編。(「手を挙げて」「まだまだ、」「あのひとの娘」)弟の晴彦は、高校を中退し勤めた会社もすぐに辞めて、アルバイトを転々とした後大検を受け、やっぱり働くと宣言して、いつもふらふらひらひらしている。不器用な弟と振り回される姉。そんな二人には、離婚した両親がまったく違って見えていた。(「晴れた日に生まれたこども」)どこかへ向かおうともがいている若き主人公たちの、みずみずしい世界のはじまり。凜としてたおやかに、6つのこれからの物語。



    『慎思録』 貝原益軒 講談社学術文庫

    なぜ人は学ばねばならないのか。人はどう生きるべきか。益軒の豊富な人生経験を踏まえて書き綴られた本書『慎思録』は、説得力に富み、味わい深い。人生の岐路に立たされたとき、そして、よりよく生きるために人は何をなすべきかを懇切丁寧に説く。今日の日本人がわすれがちな正義・信義・真実・正直・誠実など、現代にも通じる二百四十二の生き方を、原文と口語訳で平易に解説した実践的教訓書。
     
  • 『あざみ野高校女子送球部!』 小瀬木麻美 ポプラ社

    中学時代の苦い経験から、もう二度とチーム競技はやらないと心に誓っていた端野凛。 しかし高校入学後、つい本気で臨んだ体力測定で、ハンドボール投げの女子学校記録を叩き出してしまう。 その噂を聞きつけたハンドボール部顧問・成瀬はなんとか凛をチームに引き入れようと画策、成瀬の思惑どおり、凛はハンドボールを始めることになる。 ハンドボールに魅せられ、チームメイトたちと奮闘しながら成長する高校生たちの姿を鮮やかに描いた青春スポーツ小説。



    『モラルの起源 実験社会科学からの問い』 亀田達也 岩波書店

    群れで生きるための心の働きを、進化的に獲得してきたヒト。しかし、異なるモラルをもつ人々を含む大集団で生きる現代、仲間という境界線を越えて、人類が平和で安定した社会をつくるにはどうすればよいのか。心理学などの様々な実験をもとに、文系・理系の枠を飛び越え、人の社会を支える心のしくみを探る意欲作。



    『読んで楽しむ百人一首』 吉海直人 KADOKAWA

    日本で一番親しまれている古典「百人一首」。「どら焼」「竜田揚げ」「小倉餡」……これらの食べ物は、百人一首の歌が由来。角度を変えて眺めてみれば、まだまだ新しい発見があることを明らかにする。
     
  • 『あなたの弱さは幸せのちからになる』 神津十月 海竜社

    生きることは切ないときも気弱になるときもある。思いやりのつもりが思い上がりだったり、やさしさのつもりが押しつけだったり、でも、つまずき、挫折、失敗は人生を知り、一歩成長するためのステップなのです。



    『光圀伝』 冲方丁 角川書店

    何故この世に歴史が必要なのか。生涯を賭した「大日本史」の編纂という大事業。大切な者の命を奪ってまでも突き進まねばならなかった、孤高の虎・水戸光圀の生き様に迫る。『天地明察』に次いで放つ時代小説第二弾!



    『親友記』 足立巻一 新潮社

    神戸の街の片隅で、文学に目覚め、詩歌を志し、人生へのささやかな夢を抱きはじめた少年たち。周囲には戦争への暗雲がたちこめ、言論弾圧の嵐は無名の僕らにまで襲いかかった──。我が昭和、友によって支えられ、友と共に築いた愛しき我が人生。



    『俳句と暮らす』 小川軽舟 中央公論新社

    花鳥風月を詠む優雅な趣味の世界というイメージのある俳句。
    だが、平凡な日常の小さな発見を、折に触れ書き留められるところにこそ俳句の魅力がある。本書では、俳人にして単身赴任中のサラリーマンでもある著者が、「飯を作る」「会社で働く」「妻に会う」など日常のさまざまな場面を切り取りつつ、俳句とともに暮らす生活を提案。俳句は平凡な日常をかけがえのない記憶として残してくれる。
     
  • 『リーチ先生』 原田マハ 集英社

    日本の美を愛し続けた英国人陶芸家、バーナード・リーチ。明治42年、22歳で芸術の道を志して来日。柳宗悦、濱田庄司ら若き日本人芸術家との邂逅と友情が彼の人生を大きく突き動かしていく。明治、大正、昭和にわたり東洋と西洋の架け橋となった生涯を描く感動の“アートフィクション”


    『徒然草』 兼好法師 角川ソフィア文庫

    日本人にもっとも親しまれてきた随筆『徒然草』。人生・恋愛・政道・自然観・美意識・有職故実など、243段の話題がしばしば連想的な配列で並ぶ。無常観が流れ、尚古的な思想が著しいが、実益をもたらす技能を尊重するなど、中世の現実を見据えた視点もあわせ持っている。
     
  • 『明治ガールズ 富岡製糸場で青春を』 藤井清美 KADOKAWA

    江戸から明治に時代が移ってすぐのこと。松代藩の中級武士だった横田家の娘・英は困惑していた。降って湧いた縁談を前に、身分違いの幼なじみへの淡い想いが、胸にある。一方 、区長を務める英の父もまた、困惑していた。富岡にできる最新の製糸場のため、工女を集めねばならないのだ。その話を聞いた英は、縁談を先延ばしにするために、つい言ってしまう。「わたし、富岡製糸場に参ろうと思います」そして英の言葉をきっかけに、少女たちが集まって…。初めての長旅、共同生活、そして仕事。あの時代、あの場所で生きた少女たちの、瑞々しい青春記録。



    『はじめての哲学的思考』 苫野一徳 筑摩書房

    なぜ人を殺してはならないの?生きる意味とは何だろう?人生の問いから社会の難問まで力強く「解き明かす」哲学の考え方を知ろう。
     
  • 『小辞譚 辞書をめぐる10の掌編小説』より「辞書に描かれたもの」 澤西祐典 猿江商會

    詩人、小説家、女優、落語家、写真家、批評家……。異なる10の才能が描いた〝辞書と言葉と想い〟の小さな物語。



    『中動態の世界 意志と責任の考古学』 國分功一郎 医学書院

    自傷患者は言った「切ったのか、切らされたのかわからない。気づいたら切れていた」。依存症当事者はため息をついた「世間の人とは喋っている言葉が違うのよね」
    --当事者の切実な思いはなぜうまく語れないのか? 語る言葉がないのか? それ以前に、私たちの思考を条件付けている「文法」の問題なのか?
    若き哲学者による《する》と《される》の外側の世界への旅はこうして始まった。ケア論に新たな地平を切り開く画期的論考。



    『歴史に未来を観る』より「漢詩は人生の教科書」 陳舜臣・著/石川忠久・述 集英社


    『漱石の漢詩』 和田利男 文藝春秋 

    元来僕は漢学が好きで随分興味を有つて漢籍は沢山読んだものである―少年期から漢籍に親しんだ漱石は、英文学でなく漢文学で身を立てようとまで考えていた。その漱石漢詩をつぶさに吟味しつつ、杜甫や李白など唐代の漢詩人の影響を考える。吉川幸次郎の漱石研究に先んじた斯界の第一人者による決定版!
     
  • 『デザインド・リアリティ 集合的達成の心理学』 有元典文・岡部大介 北樹出版

    私たちの生きる現実の世界はどのようにつくられ、そしてつくられつつあるのか。文化的につくられる世界を身近な切り口から柔軟に鮮やかに論じる。文化心理学の立場から世界とそのつながりを読み解いた好著。



    『キャベツ炒めに捧ぐ』 井上荒野 ハルキ文庫 より「キュウリいろいろ」

    「コロッケ」「キャベツ炒め」「豆ごはん」「鯵フライ」「白菜とリンゴとチーズと胡桃のサラダ」「ひじき煮」「茸の混ぜごはん」・・・・・・東京の私鉄沿線のささやかな商店街にある「ここ家」のお惣菜は、とびっきり美味しい。にぎやかなオーナーの江子にむっつりの麻津子と内省的な郁子、大人の事情をたっぷり抱えた3人で切り盛りしている。彼女たちの愛しい人生を、幸福な記憶を、切ない想いを、季節の食べ物とともに描いた話題作、遂に文庫化。



    『排蘆小船・石上私淑言 宣長「物のあはれ」歌論』 本居 宣長 岩波書店

    宝暦13年、34歳の本居宣長にはすぐれた二つの歌論があった。だが生涯公表されることなく、筺底に秘めて置かれた。当世和歌の現状に対し歌とは何かを問う処女作「排蘆小船」、そこでの〈心に思ふこと〉は「石上私淑言」で〈物のあはれをしる心〉ととらえ直され一大歌論を切り拓く。合せ鏡のごとく宣長思想を映しだす二作品を併載。



    『続資治通鑑長編』 李燾
     
  • 『心にとどく漢詩百人一首』 渡部英喜 亜紀書房 から 「夏日田園雑興」

    秦代末の項羽から漢詩全盛の唐の李白・杜甫、そして、清の袁枚まで100人。一人一首ずつのアンソロジー。100人の詩人から「これぞ」という1首を精選。人生と自然を描きつくす100首。



    『檸檬のころ』 豊島ミホ 幻冬舎文庫 より 「ラブソング」

    保健室登校の女友達とのぎこちない友情。同級生と馴染めない、音楽ライター志望の偏屈な女子に突然訪れた恋。大好きな彼とさよならすることになっても、どうしても行きたかった、東京―。山と田んぼに囲まれた田舎の高校を舞台に、「あの頃」のかっこ悪くて、情けなくて、でもかけがえのない瞬間を切ないまでに瑞々しく綴る、傑作青春小説。



    『転換期を生きるきみたちへ』 内田樹編 晶文社 より

     「消費社会とは何か 『お買物』の論理を超えて」 白井聡
    世の中の枠組みが大きく変化し、既存の考え方が通用しない歴史の転換期に、中高生に向けて「これだけは伝えておきたい」という知見を集めたアンソロジー。言葉の力について、憲法について、愛国心について、科学的態度について、弱さや不便さに基づいた生き方について…。若者たちがこれからの時代を生き延びるための知恵と技術がつまった、未来へ向けた11のメッセージ。



    『15歳の寺子屋 境界をこえる』 安藤忠雄 講談社

    本を読むことで 【マットワールド/MATWORLD】アルトラパン 等にお勧め チェック柄フロアーマット1台分 ドレスアップシリーズ 型式等:HE33S 品番:SU0091、人生を生き抜くための「直観力」を養う。
    理想の建物を構想し、夢を実現するために必要なのは、「構想力」と「実行力」。このふたつの力を発揮するためにはどうすればよいのか。建築家としての経験とてらしあわせながら、社会のために生きる姿勢を鋭く語る。
     
  • 『植物はなぜ動かないのか』 稲垣栄洋 ちくまプリマ―新書

    自然界は弱肉強食の厳しい社会だが [115] WORKSBELL スバル車用 エアバック対応ステアリングボス、弱そうに見えるたくさんの動植物たちが、優れた戦略を駆使して自然を謳歌している。植物たちの豊かな生き方に楽しく学ぼう。



    『コミュニケーション力』 齋藤孝 岩波新書

    豊かな会話、クリエイティブな議論は、どのようにして成り立つのか。話の流れをつかむ「文脈力」や基盤としての身体の重要性を強調しつつ、生きいきとしたコミュニケーションの可能性を考える。メモとマッピング、頷きと相槌、会議運営のコツなど実践的な技から ルキノ(96.5~)FNN15(4WD) リアディスク■プロジェクトμ ブレーキパッド BESTOP 前後セット 【送料無料】、弁証法的な対話の喜び、沈黙それ自体の意味など深い考察まで、縦横に展開。



    『阿Q正伝・狂人日記』 魯迅 竹内好訳 岩波文庫 より 「故郷」

    魯迅が中国社会の救い難い病根と感じたもの、それは儒教を媒介とする封建社会であった。狂人の異常心理を通してその力を描く「狂人日記」。阿Qはその病根を作りまたその中で殺される人間である。こうしたやりきれない暗さの自覚から中国の新しい歩みは始まった。



    『平家物語』 角川ソフィア文庫

    12世紀末、6年間に及ぶ源平の争乱は幕を閉じた。戦いの中にある愛と死のドラマ、人間の哀歓を描く一大戦記である「平家物語」。この壮大な歴史ロマンをしっかり理解するための一冊。
     
  • 今年度もあとわずかとなり、いよいよ新年度を迎えるまであと少しとなりました。
    新しい環境のなかで、気分も新たに新学年に向けて準備を進める時期です。

    今年度1年間の総括とともに、この春の間に苦手科目の克服と自身の弱点分野の補強および定期テストの結果と対策について振返りが必要です。

    さらに勉強方法の見直しを早期に行うことも大切です。
    受験学年となるお子さんは早めに目標を設定し、学習計画を立てていきましょう。
         
    新年度を迎えるこの時期にやるべきことは多くあり、お子さんによっても違ってきます。

    こうした個々に応じたカウンセリングと的確な指導を実現するのが
    Dr.関塾新川1丁目校の完全個別指導です。

    そこで関塾の完全個別指導とはどのようなものか、知っていただくために
    無料の春期講習会 ~限定20名~ を以下の内容にて実施します。
    定員に限りがありますので、お早めにお申し込みください。

    ☆★☆関塾と一緒に、新学年の第一歩を踏みだそう!☆★☆
           
    【無料春期講習会 実施要項】
    ~生徒2名 対 講師1名の授業を90分×全2回~

    ◆科 目◆ 数学(算数)英語 国語 理科 社会 から1科目を選択
    ◆対 象◆ 小学生 中学生 高校生 ※初めての方に限ります
    ◆期 間◆ お申込日より2週間以内に90分×2回を実施(小1~小3は45分×4回)
    ◆学 費◆ 教材費として1,000円をいただきます
    ◆時間割◆ 月曜日~土曜日
             ①15:20~16:50 ②17:00~18:30
             ③18:40~20:10 ④20:20~21:50
    ◆コース◆ 生徒2名 対 講師1名の体験コース
    ◆内 容◆ 事前に科目・単元をご相談させていただいた上で授業を行ないます
     
  • 『遠くの声に耳を澄ませて』 より 「転がる小石」 宮下奈都 新潮文庫

    端々しい感性と肌理細やかな心理描写で注目される著者が紡ぎ出す、ポジティブな気持ちになれる物語。看護師、会社員、母親。その淡々とした日常に突然おとずれる、言葉を失うような、背筋が凍るような瞬間。どん底の気持ちを建て直し、彼らが自分ひとりで人生に決断を下すとき何を護り、どんな一歩を踏み出すのか。人生の岐路に立つ人々を見守るように描く、12編の傑作短編集。



    『愛する源氏物語』 俵万智 文春文庫

    源氏物語には795首の和歌が登場する。ここぞ、というときの和歌は、恋のゆくえを大きく左右する。心の結晶である和歌を Beat-Sonic ビートソニック ZSX-02 純正デッキ付マツダCX-5用 ナビ取替えキット、小石のように飛び越えてしまうのではなく、氷砂糖をなめるように味わったならば、源氏物語の世界はさらに豊かな表情を見せてくれるだろう。千年の時を越え、「万智訳」でよみがえる愛の物語。
     
  • 『園芸少年』 魚住直子 講談社

    部活は園芸部。それも素人男子3人だけの。
    入学間もなく、思いがけず園芸部に入部した高1男子3人。凛と芽を伸ばす植物の成長と、思春期を迎えた不器用な少年たちの姿が重なり合う、春から秋の物語。



    『日本人にとって美しさとは何か』 より 「実体の美と状況の美」 高階秀爾 筑摩書房

    大胆なデザイン性、多様な要素を一つ画面に納める構成力、日本独自の美意識を明らかにし、この感性がいかに中国や西洋の文化を受け入れたかを詳らかにする。
     
  • 『風味【さんじゅうまる】』 まはら三桃 講談社

    中二の伊藤風味は、大正時代からつづく和菓子屋「菓匠・一斗餡」の娘。その一斗餡に、長崎街道=シュガーロード沿いの菓子店が集結し、新製品で競い合うSS‐1グランプリ参加のお誘いが舞い込んだ。超かわいい同級生に八つ当たりをして美術部に顔を出しづらくなった風味は、新しいお菓子作りを手伝うことにした。そこに、和菓子職人になる修業中のはずの、チャラ男の兄も加わって…。九州発のスイーツな“ご当地青春コメディ”。



    『現代科学の歩き方』 池内了 河出書房新社

    時間とは何か?生命とは? 宇宙の果ては……科学の最先端に手を伸ばす人々の想像をさまざまに喚起し、日常に新しい見方を与える珠玉の随筆集。ゆっくり歩いても、かなり遠くまで行けます。



    『徒然草』 兼好法師 角川ソフィア文庫

    人生・恋愛・政道・自然観・美意識・有職故実など、243段の話題がしばしば連想的な配列で並ぶ。無常観が流れ、尚古的な思想が著しいが、実益をもたらす技能を尊重するなど、中世の現実を見据えた視点もあわせ持っている。
     
  • 『きよしこ』 より 「交差点」 重松清 新潮文庫

    少年は、ひとりぼっちだった。名前はきよし。どこにでもいる少年。転校生。言いたいことがいつも言えずに、悔しかった。思ったことを何でも話せる友だちが欲しかった。そんな友だちは夢の中の世界にしかいないことを知っていたけど。ある年の聖夜に出会ったふしぎな「きよしこ」は少年に言った。伝わるよ、きっと──。大切なことを言えなかったすべての人に捧げたい珠玉の少年小説。



    『ケータイ化する日本語』 佐藤健二 大修館書店

    「ことば」は人の「光」なりき―。電話の登場からケータイの普及まで通話機器の発達は、われわれの言語空間をどう変えたか。「声」という共鳴の身体技法獲得以後の人類史をふまえ、「社会」を担う次世代に説く「ことば」の歴史社会学。



    『草野心平全集』 より 「雪の朝」 草野心平

    「蛙の詩人」「天の詩人」「富士山の詩人」など、さまざまな異名を持つ詩人、草野心平。
    その独自の世界観とリズミカルな詩を味わってみましょう。



    『孟子』 より 「離婁上」 岩波文庫

    戦国時代の中国、百家争鳴の乱世に生き、孔子の教えを軸にしつつも独自の思想を展開した孟子(前372‐前289)の言行録。孟子は、人が天から与えられた本性は善であるという信念に立って、天から万人に等しく与えられたこの本性を全面的に開花させるための実践倫理を示そうとした。
     
  • 『透き通った風が吹いて』 あさのあつこ 文藝春秋

    野球部を引退したら、空っぽになってしまった渓哉。故郷美作を出て都会の大学に行けば、楽しい生活が待っているのかもしれない。でも、それは自分が望んでいることなのだろうか。親友の実紀は、きちんと自分の将来を見据えている。未来が見えずにいる渓哉は、ある日偶然、道に迷っていた美しい女性・里香を案内することになる。里香は美作に「逢いたい人がいる」と言うが…。モラトリアムの時期を迎えた高校生の焦燥、そして淡い恋を描く、心が澄み渡る青春小説。



    『哲学者クロサキの哲学超入門』 黒崎政男 平凡社新書

    日常の素朴な疑問を切り口に、趣味の世界から現代社会、

    DAYTONA 【デイトナ】 GIVI SR-KLX150L SPキャリア 【94322】

    、カント哲学までを語り下ろす。ラジオの軽快なトークに乗せて贈る哲学入門。
     
-1-2-3-4-5-6-
  • Dr.関塾 新川1丁目校
  • 〒104-0033
  • 東京都
  • 中央区新川1-28-33 4F
  • MAIL: kan-shinkawa1@bliss-d.com
  • TEL: 03-5117-2117
  • FAX: 03-5117-2118
Dr.関塾 新川1丁目校 【関塾 東京都】 学習塾 塾 Dr.関塾|関塾
Dr.関塾 新川1丁目校
スマートフォン用表示
{yahoojp} {sinkawa-1.dr-kanjuku.net} jpprem01-zenjp40-wl-zd-14680 {yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-14680