>  > LSD 160 E2 CUSCO LSD type MZ リア 2way(1&2way) トヨタ グランドハイエース KCH16W 1999.8~2002.5 1KZ-TE 3000T 4WD
2019年04月22日(月)

LSD 160 E2 CUSCO LSD type MZ リア 2way(1&2way) トヨタ グランドハイエース KCH16W 1999.8~2002.5 1KZ-TE 3000T 4WD



KCH16W CUSCO 1999.8~2002.5 2way(1&2way) トヨタ 1KZ-TE E2 3000T 4WD 160 4WD LSD E2 MZ LSD type グランドハイエース リア

他人由来のiPS網膜細胞

2019年04月22日 09時00分

 長年山登りをしていると、高さと行程の目安となる「合目」を信用しなくなる。山麓から1合目、2合目と増えていき、頂上が10合目となるところまではいずこも同じで問題ない。ところがこの目安が大抵あてにならないのだ

 ▼例えば羊蹄山に登ると森林を抜ける6合目までは一定の間隔で標識を見るが、7合目あたりから歩いても歩いても次が出てこなくなる。かと思えば8合目を過ぎたらすぐ頂上に到達する山も。もともと高さを単純に10等分しているのでなく、険しさなど人が実際に歩いた感覚も勘案して決められているのである。さて、それでは理化学研究所の高橋政代プロジェクトリーダーの目にはこの研究がどんな山と映っているのだろう

 ▼他人の細胞から作ったiPS細胞を網膜細胞に変え、重い眼病患者に移植する世界初の臨床研究のことである。高橋氏は先週の日本眼科学会で患者5人の経過を観察した結果、安全性が確認されたと発表。「実用化に向け7合目まできた」との見方を示していた。研究対象は「加齢黄斑変性」。移植後1年以上たっても患者5人に目立った拒絶反応はなかったそうだ。自分の細胞で作ると拒絶反応は起こらないものの、作製期間と費用が膨大になる。他人由来ならそれを大幅に低減できるのだとか

 ▼同学会によるとこの病気は日本人の失明原因の第4位で、50歳以上の約1%にみられるという。研究成果は朗報に違いない。7合目まできたとはいえ山登りではそこから険しい「胸突き八丁」の始まることがよくある。気を抜かず一歩一歩頂上を目指してほしい。


巨大IT企業の歪んだ商習慣

2019年04月19日 09時00分

 江戸時代、藩主が愚かだと領民は塗炭の苦しみを味わったようだ GruppeM BrakeLine カーボン [F10/F11/F07 XG20/XL20 (N20) 523i] グループM ブレーキライン ステンメッシュブレーキホース カーボンスチールタイプ 送料無料(代引除く) 。ぜいたくのために年貢を上げ、人々を領地に縛り付けておこうと法を改悪する

 ▼小説家吉川英治は短編「脚」で悪政にあえぐ農民にこうつぶやかせていた。「いッそ、鍬を捨てて、馬口労か、木挽かになろうとしても、役銀をとられるし、油屋、酒屋も株もの、川船で稼げば川運上、雑魚を漁っても、網一つに幾らの税だ」。農民は思う。「一揆だ」。いまやインターネット通販を牛耳る巨大IT企業は、傘下で店を開く取引先にとって藩主のような存在なのかもしれない。有無を言わさず高い手数料を強いたり、一方的に契約条件の変更を迫ったり。取引先に対するそんなIT企業の歪んだ商慣行が幅を利かせているという

 ▼公正取引委員会が17日発表した「デジタル・プラットフォーマーの取引慣行等に関する実態調査」で判明した。まさか今どき「生かさず殺さず」でもあるまいが、利益の最大化を狙うIT企業の姿が露わになって興味深い。対象は楽天とアマゾン、ヤフーの3社。取引先の811人から回答を得た。結果を見ると規約は楽天で93.2%が「一方的に変更された」と回答。93.5%が「不利益な内容があった」とした。アマゾンはそれぞれ72.8%と69.3%。利用料も似た傾向である

 ▼これを受け政府は透明性の確保や公平な取引実現に向け新法を検討するそうだ。商売に過度の規制はいただけないが、仮想空間で一揆は起こせないとなればある程度の介入もやむを得まい。ただ、まずは藩主の善政を望みたいものだが。


ノートルダム大聖堂の火災

2019年04月18日 09時00分

 建築界のノーベル賞と称されるプリツカー賞が先頃発表になった。ことしは磯崎新氏が受賞 ■DIXCEL(ディクセル) モビリオ スパイク GK1 GK2 MOBILIO SPIKE 02/09~ リア ブレーキシュー RGM タイプ。日本人としては8人目である。記念すべき1人目の受賞者は戦後日本を代表する建築家で磯崎氏の師匠に当たる丹下健三氏。1987年のことである

 ▼丹下氏の作品といえば来年の東京五輪を前に、最近は国立代々木競技場が注目される機会も多い。

LSD 160 E2 CUSCO LSD type MZ リア 2way(1&2way) トヨタ グランドハイエース KCH16W 1999.8~2002.5 1KZ-TE 3000T 4WD
【送料無料】 バッテリー エコ.アール レボリューション タントカスタム DBA-LA610S 用 ER-55B20L/M-42 ECO.R エコアール REVOLUTION GSユアサ GS YUASA 車 カーバッテリー バッテリー交換 ダイハツ DAIHATSU GSYUASA!BRIDE シートレール FKタイプ 助手席側 スズキ スイフト HT51S.81S 00/02~ S072FK.【エントリーでポイント5倍】205/50R16 87V TOYO TIRES トーヨー タイヤ NANOENERGY3 PLUS ナノエナジー3 プラス Eoro Sport Type 805 ユーロスポーツ タイプ805 サマータイヤホイール4本セット,カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 DUNLOP ダンロップ ディレッツァ DIREZZA DZ101 サマータイヤ 215/40R18 KYOHO STINER シュタイナー LMX ホイールセット 4本 18インチ 18 X 7.5 +53 5穴 114.3

LSD 160 E2 CUSCO LSD type MZ リア 2way(1&2way) トヨタ グランドハイエース KCH16W 1999.8~2002.5 1KZ-TE 3000T 4WD

。ただ後期代表作と聞いてまず思い浮かぶのは91年落成の東京都庁舎だろう。天に向かい二本の塔がそびえ立つ第一本庁舎の外観は見る者に強い印象を与える。丹下氏は公式に述べていないが、フランスゴシック建築の神髄「ノートルダム大聖堂」のファサード(正面意匠)がモチーフといわれている

 ▼これは一つの例。他にも小説に絵画に演劇に、大聖堂は人々のひらめきの源泉となってきた。どれだけ愛され、敬われる存在だったかわかる。それだけに火災の報は衝撃だった。フランス国民のみならず世界中が悲痛な面持ちで、炎上する大聖堂の映像を眺めたに違いない。石造の躯体は形をとどめたが、大聖堂の象徴である高さ96mの尖塔や屋根は木造のため焼け落ちた。ゴシック建築を特徴付ける天井のリブ・ヴォールトも絶望だろう。検察当局は今行われている改修工事が出火の原因と疑っているそうだ。幸い貴重な装飾品や美術品などは消防隊らが運び出し無事だったらしい
 
 ▼人類の遺産というべき建築物が火災に遭うことは少なくない。そのたび人々は強い意志で復旧させてきた weds ウェッズ レオニス グレイラ ベータ 38281 17インチ 17×7.0J インセット:53 穴数:5 PCD:114.3 ハブ径:73 カラー:BMCMC【ホイール4本価格】。ノートルダムも一日も早く元の姿に戻り、明るい鐘の音を響かせられるといい。


WTOが韓国に軍配

2019年04月17日 09時00分

 世に必勝法は数々あれど、これなどは日本で最も古い部類に入るだろう。吉田兼好の『徒然草』第百十段である。兼好が「双六の上手といいし人」に、なぜそんなに強いのかと尋ねたときの話

 ▼双六の上手いわく「勝たんと打つべからず、負けじと打つべきなり」。勝ちにはやらず、負けぬ手を予測して一目一目慎重に打て、というのだ。これを聞いた兼好は、人が生きるのも国を保つ道も結局同じことだと得心する。日本はこの先人の知恵をすっかり忘れていたようだ。韓国が福島など8県産の水産物を輸入禁止にしている事案で、世界貿易機関(WTO)が先週、禁輸は不当とした一審を退け一転日本の負けとなる最終判断を下したのである。日本は勝って当然と大して準備もせず、余裕の態度でいたらしい

 ▼韓国は違っていた。韓国紙「中央日報」によると、WTO上級委員会が開かれるジュネーブのホテルに作戦室を設置。20人態勢で3週間、負けに陥らないシミュレーションを徹底的に繰り返したという。担当した韓国政府のチョン・ハヌル通商紛争対応課長は同僚に「今回の訴訟を覆して勝てば『ミラクル』」と言われていたそうだ。大金星だろう。この逆転負けを受け、河野外相も菅官房長官も「WTOは安全性を否定したわけではない」と弁明したものの、後の祭り

 ▼安全なのに負けたということは、風評が世界で大手を振って歩くということだ ヨシムラ BAZZAZ QS4 USB 逆チェンジ 13年以降 GROM BZ-Q393R HD店。日韓の間には、いわゆる徴用工や慰安婦の問題も横たわる。日本政府はわが方に理ありとのんびり構えている場合でない。負けじと打つべきである。


新人歓迎の場で

2019年04月16日 09時00分

 職場に新たな仲間を迎えて2週間余り。新人たちも見知らぬ環境にいくらかは慣れて、「お客さま」から「同僚」に変わりつつあるころでないか。歓迎会も盛んに行われる時期だろう

 ▼一つのテーブルを囲んで共に酒食を楽しみ、あれこれと語り合うのは親睦を深めるのにちょうどいい。「人を知るには酒が近道」とはよくいったものである。和やかな雰囲気にアルコールの酔いも手伝い、皆の気持ちがぐっと近づく。ただ、こんな上司がいると飲み会もぶち壊しだ。歓迎会ではないようだがJAあいちの副支店長が飲食店で部下に酒を勧めたものの断られ、腹立ちのあまり一升瓶で頭を殴ったというのである。昔からこの手の人はいた。「飲めったら飲め」と問答無用で酒を強要し、拒否すると「俺の酒が飲めないのか」と烈火のごとく怒り出す

 ▼こうした場でもう一つ閉口するのは、上の者の自慢話や独り善がりの演説を延々と聞かされることだろう。話している方は真剣だから、むげにするわけにもいかない。女性学者上野千鶴子氏が東大入学式で述べた祝辞に対する評価が、賛否大いに割れているそうだ。女性差別に踏み込んだ発言に価値ありとする人がいる一方、晴れの日にふさわしいか疑問とする人もいる。こちらも場が場だけに新入生も父母も黙って聴くしかない。自信と経験に基づいた言説はときに高飛車に響く

 ▼経営者、上司、先輩。これから新人歓迎の席で話をする人も多いはず。よもや一升瓶で殴る人はいないと思うが自慢話や独り善がりの演説になっていないか、よくよく気を付けたい。


1 / 16112345...10...最後 »

ヘッドライン

ヘッドライン一覧 全て読むRSS

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-51737